調査目的  エアープロット塗布が浮遊真菌数へ及ぼす影響を
 確認するために、エアープロット塗布前と塗布後に
 おける浮遊真菌数の測定を、事務所を対象として
 実施した。
測定条件
および
測定方法
 エアープロット塗布前である2010年10月27日と、
 塗布後である2010年11月10日において、床上高さ
 1.1mの室内浮遊真菌を測定した。好湿性真菌の
 測定にはPDA培地(ポテトデトストロース寒天培地)を、
 好乾性真菌の測定にはDG18培地を用いた。
 BIOSAMP(MBS-1000)を用いて100Lの室内空気を
 シャーレ上の培地に吹き付けた後、25℃の環境で
 5〜7日間培養後、形成されたコロニー数(集落数)を
 カウントし、空気1B中の真菌数(cfu/B)に換算した。
 また、分離された真菌は形態学的同定を行った。
 真菌数の定量および同定は衛星微生物研究センタ
 ーに依頼した。
測定結果  表1に、検出された浮遊真菌の種類とその性質を示す。
 室内で見られる主な真菌は主に外気由来のカビであり
 アレルゲンやかび毒となるAspergillus(コウジカビ)、
 Penicillium(アオカビ)、食品の腐敗で重要な好湿性の
 Cladosporium(クロカビ)が多いが、本測定でもそれらが
 検出されている。
 図1に浮遊真菌の測定結果を示す。図1を見ると、
 室内浮遊真菌濃度はAIJES-A002-2005に示されて
 いる換気、空調時における維持管理基準値(事務所
 の室内浮遊真菌濃度 50cfu/B)よりもいずれも高いが
 PDA培地、DG18培地とも、塗布前の10月27日に比
 べて塗布後の11月10日の方が浮遊真菌濃度が減
 少している。
試験責任者  国立大学法人 豊橋技術科大学工学科



   
 

図1




<<戻る  <<TOPページ